ロゴ
HOME>コラム>下肢静脈瘤って何?足に異常が見られたら病院へ

下肢静脈瘤って何?足に異常が見られたら病院へ

女性

下肢静脈瘤の特徴

血液を全身にめぐらせる血管には、心臓から血液を送り出す動脈と逆に心臓へと戻って来る静脈があります。その血管の疾病のひとつに下肢静脈瘤というものがあります。これは下肢、つまり足の部分の静脈が瘤のように膨らんでしまう病気です。下肢静脈瘤になると血液の流れが滞り、足にむくみやだるさが感じられるようになります。足がつったり、痛みやかゆみを生じたりする場合もあります。また、見た目としては、皮膚の上から血管がクモの巣状や網目状にはっきりと現われたり、足の内側・後ろ側の血管が瘤のように膨らんで見えたりするといった症状があります。下肢静脈瘤は主に加齢によって引き起こされますが、特徴としては男性よりも女性に多く見られる病気です。また、特に妊娠・出産を経験した女性や立ち仕事に従事する人がかかりやすいとも言われています。

足

基本的な治療内容

下肢静脈瘤の治療内容は、症状によって異なります。初期の段階であればマッサージを施したり、医療用の弾性ストッキングによって圧迫されたりすることで血液の流れを促進します。また、クモの巣状や網目状の静脈瘤には、注射による硬化療法が適用されることが多いです。これは血管を固める硬化剤を静脈に注入して、弾性包帯で圧迫する治療です。足の内側や後ろ側の静脈が瘤状に膨らんでいる場合にも硬化療法が用いられることがありますが、根本的な治療には手術が必要となります。手術では問題のある血管を結んだり引き抜いたり、あるいは瘤を切除するといった方法が取られます。また、最近ではレーザーなどを利用して静脈の内部を焼き切る治療法も生まれています。症状や希望に合わせてさまざまな治療が選択できるので、異常が見られたら早めに医療機関を受診するのが良いでしょう。